Chromebookが発売された当時円高の影響もあって、実際300ドルくらいで購入出来るノート型パソコンとして、注目されたことを思い出します。

円高も一段落し、Chromebookを日本で購入するとなんだかんだ4万円前後になることが多いと思います。


今回はもうすぐWindows10の発売を目前に、Chromebookの対抗馬として注目されているWindows格安ノート型パソコンを見てみたいと思います。


bDP9OEQluVuBLoDm_setting_fff_1_90_end_500


こちらですね。

Windowsが本気なのか、ASUSが本気なのかわかりませんが、現在33,900円で買えちゃうから、Chromebookと悩ましい価格なのです。
 → 現在の価格を確認する




しかも、MicrosoftOfficeと互換性をうたっている「KINGSOFT Office 2013」がインストールされています。



何故こんなに安いのか!

理由はOSに「Windows 8.1 with Bing」が採用されている為です。

標準の検索エンジンがBingに設定されている為です。
検索エンジンは後ほど、設定を変更することが出来ますので、実質何も違和感なく使えます。



スペックを確認してみましょう。


CPU:インテル® Atom™ プロセッサー Z3735F
メモリ:2GB
SSD:64GB
バッテリー:8.5時間
重量:0.98kg
モニターサイズ:11.6インチ
解像度:1366 x 768ドット

となっています。

ストレージ容量が64GBとなっているので、SSDではなくHDDかと思えば、eMMCになっています。SSDほど早くはありませんが、HDDのような重さはありません。

CPUもATOMとなっていますので、スペック的にはやっぱりChromebookの方がいいのかな?

と思うところもあります。


でも、長年使ってきたWinodwsと言う所も大きな利点。
難しい判断ですね。



格安Windowsノート型パソコン
 → ASUS ノートブック X200MA ( Win8.1 with Bing 64Bit / 11.6inch / Celeron N2830 / 4G / 500GB / kingsoft multi-license / ホワイト ) X200MA-B-WHITE
現在はAcerから同等のWindows「Aspire E11」が登場しています。

対する

高速起動の格安ノート型パソコン
 → 【日本正規品】 ASUS ノートブック Chromebook ブラック ( Chrome OS / 13.3inch / Celeron N2830 / 4G / 16G EMMC / 日本語キーボード ) C300MA-BLACK

どちらを選びますか?