今やすっかり3万円代のWindowsパソコン(ネット通販)では珍しくなくなってしまい。
Webや動画を見るくらいなら、全然問題なく利用することが出来るようになります。

しかも、Windows10に無償アップグレードすると、同じように新品気分も味わえますもんね。


なかなか日本ではchromebookへ!と言う雰囲気に行かないのですが、今一度chromebookを買うなら、中古では安く済ませられないかと思い、中古市場を調べてみましょう。


中古の為、なくなり次第終了。
価格は随時変わりますのでご注意ください。


2015y01m13d_221612618


価格を調べてみるにあたり価格を参考にしたのは、おそらく日本で一番売れたASUSの「C300MA-BLACK」です。


Amazonの中古では2社から販売されていました。
25,800円(Amazonの配送センターからの為送料無料)
25,181円(送料619円)


楽天市場では3社から発売されていました
25,800円(送料明記なし)
28,944 円(送料無料)
29,800円(送料無料)

となっています。


新品の値段が29,000円台にて取引されている事から、1~2割安く購入することが出来ます。

それほど価格が割れない理由は…。
1.元々販売数も多くないみたいで、価格が崩れている事も無い?
2.低価格パソコンのマニア向けなので手放す人が少ない?

どちらでしょうね。


新OSがやっぱり肌に合わないと思った時のリスクを抑えるのであれば、中古と言う手段もありそうですね。