Chromebookを買おう

「Chromebook」がほしい!欲しいと思った時が買い時でしょう!

    2015年02月

    ヨーロッパのタブレットやスマートフォンを制作しているメーカー「 Archos」が、いよいよChromebookに参入しました。

    しかし、ヨーロッパでも一般向けというよりは、学校教育向けの1つのバリエーションとして出荷するそうです。


    2015y02m25d_093146450



    こちらですね。

    CPU:Intel Bay Trail T
    メモリ:2GB
    SSD:64GB
    バッテリー:未発表
    重量:2.2kg
    モニターサイズ:10.1インチ
    解像度:1,366×768ドット

    となっています。

    Chromebookのライバルでもあるノート型パソコンと言う位置づけより、キーボード付きのタブレットとの競合を狙った機種のようでもあります。

    250ユーロで、日本円にして約3万4,000円くらいです。


    キーボードの配置の問題もありますし、日本ではお目見えすることはないかな・・・。

    Chromebookが発売された当時円高の影響もあって、実際300ドルくらいで購入出来るノート型パソコンとして、注目されたことを思い出します。

    円高も一段落し、Chromebookを日本で購入するとなんだかんだ4万円前後になることが多いと思います。


    今回はもうすぐWindows10の発売を目前に、Chromebookの対抗馬として注目されているWindows格安ノート型パソコンを見てみたいと思います。


    bDP9OEQluVuBLoDm_setting_fff_1_90_end_500


    こちらですね。

    Windowsが本気なのか、ASUSが本気なのかわかりませんが、現在33,900円で買えちゃうから、Chromebookと悩ましい価格なのです。
     → 現在の価格を確認する




    しかも、MicrosoftOfficeと互換性をうたっている「KINGSOFT Office 2013」がインストールされています。



    何故こんなに安いのか!

    理由はOSに「Windows 8.1 with Bing」が採用されている為です。

    標準の検索エンジンがBingに設定されている為です。
    検索エンジンは後ほど、設定を変更することが出来ますので、実質何も違和感なく使えます。



    スペックを確認してみましょう。


    CPU:インテル® Atom™ プロセッサー Z3735F
    メモリ:2GB
    SSD:64GB
    バッテリー:8.5時間
    重量:0.98kg
    モニターサイズ:11.6インチ
    解像度:1366 x 768ドット

    となっています。

    ストレージ容量が64GBとなっているので、SSDではなくHDDかと思えば、eMMCになっています。SSDほど早くはありませんが、HDDのような重さはありません。

    CPUもATOMとなっていますので、スペック的にはやっぱりChromebookの方がいいのかな?

    と思うところもあります。


    でも、長年使ってきたWinodwsと言う所も大きな利点。
    難しい判断ですね。



    格安Windowsノート型パソコン
     → ASUS ノートブック X200MA ( Win8.1 with Bing 64Bit / 11.6inch / Celeron N2830 / 4G / 500GB / kingsoft multi-license / ホワイト ) X200MA-B-WHITE
    現在はAcerから同等のWindows「Aspire E11」が登場しています。

    対する

    高速起動の格安ノート型パソコン
     → 【日本正規品】 ASUS ノートブック Chromebook ブラック ( Chrome OS / 13.3inch / Celeron N2830 / 4G / 16G EMMC / 日本語キーボード ) C300MA-BLACK

    どちらを選びますか?

    本日「日本エイサー」から、2月25日に新型のChromebookの発売が発表されました。

    日本での発売が発表されている端末ですので、2月25日以降必ずお手元に手が届く商品でもあります。
    → Chromebook CB3-111



    2015y02m12d_155114992


    こちらですね。

    CPU:Intel Celeron N2840 デュアルコア 2.16 GHz
    メモリ:4GB
    SSD:16GB
    バッテリー:8.5時間
    重量:1.1kg
    モニターサイズ:11.6インチ
    解像度:1366 x 768ドット

    となっています。


    やっぱり新型だといえどコスト削減で改造度が「1366 x 768」となっていました。

    ここはすこし残念ですが、注目は1.1kgと持ち運びを意識した重量になっています。
    バッテリーも8.5時間と1日使えます。

    日本で発売されたChromebookが登場してからと言うもの、ちょっと盛り上がりを見せたのですが、少し終息感を感じてきていますね。

    春までに新機種が投入されそうな雰囲気もありませんし、何故かAcerはChromebookの追加生産をしていない雰囲気です。


    2015y02m04d_130109100


    そうなのです!!

    今欲しいと思っている方!

    買わないと、欲しいと思った時に買えなくなっちゃう危機感の方が大きいかも?
    おそらく最大の要因は、円安じゃないかと思っています。


    購入を悩んでいらっしゃる方はお見逃し無くです。
     → Chromebook ストア



    さらにここに来て、Windows10の発売について、Windowsはバージョン7を持っている方から、発売後1年間は無料アップデートを発表しています。


    また、windowsにも格安シリーズが登場していて、なかなかこの辺りの低価格PCの部門でも、激しさを増してきましたね。
    → Inspiron 14 3000シリーズ


    今後どうなっちゃうんでしょうか・・・。

    このページのトップヘ