日本では正式に3機種の発売が投入され、いよいよ日本国内でもchromebookを使う人が増えてくるのでは無いでしょうか?

と思いつつありますが、chromebookを買うために、どうしてもいま一歩ポチッとなと出来ない理由が、液晶モニターの解像度の問題です。



1366_768


モニターの解像度:1366ドット×768ドット


通常11インチや14インチと言う大きさを気にする人が多いと思いますが、個人的には小さいモニターでも、解像度が広ければとっても嬉しいのです。

今chromebookはどちらかといえば、廉価版スペックを投入し、一気に台数を増やす戦略になっており、この狭いデスクトップで、複数のウィンドウを広げる作業が果たして出来るのか、不安なのです。


例えば今使っている、Windowsパソコンのモニターサイズは

1920_1080


モニターの解像度:1920ドット×1080ドット

ちょっとこれだと横幅が広すぎるような気もしますが、せめて1400×900の液晶モニターが欲しいと思うのですが、これも低価格化・大量生産の為に、特異な液晶パネルが高価になり、犠牲になっている所でもあると感じています。



せめて縦の解像度が900は欲しいと思うのは自分だけ?


そんなハイスペックchromebookはですね。
日本では未発売ですが、並行輸入品として購入することは可能です。



Acer 13 Chromebook クロームブック (NVIDIA Tegra K1 2.1GHz/4GB/32GB/13.3inch/Chrome OS/US Keyboard/バッテリー11時間) CB5-311-T1UU 並行輸入品


ただ、やっぱり高価なのですよね。
難しい所ですね。


画面いっぱいブラウザを広げてネットをするだけならOKなのですが、ここん所ウインドウを複数広げて、ネットをやりながら、メールを見たりしているので、この同時作業に慣れている物が、画面の小さいchromebookを使えるのか、今一歩スペックが欲しかったりします。